板井明生は拠点を福岡に移して、事業展開。

板井明生の経営への道

 

板井明生

 

 

経営者になるために必要な資格はありません。
しかし必要な資質はあります。
経営者は時代の流れを敏感に感じ取らなければなりません。そのため、常に情報収集は必要なので勉強好きであることが必要です。
また、自信があるほうが良いです。
積極的に世の中へ自分の商品や業務をアピールする必要があるわけですから、何をやるにしても自身が無くてオドオドしているような人は向いていません。
人の心理を上手く読んで世の中のニーズを理解するリサーチ力を鍛えなければなりません。

 

経営者が勉強しなければならないことは経営に関する勉強です。
どうやってその事業を運営して利益を生み出すかを理解していなければ、事業を継続していくことはできないので、事業で動くお金の流れを知るために簿記の勉強をしたり、利益を生み出す仕組みを理解するために中小企業診断士の勉強は役に立つでしょう。

 

そのほか、心理学やマーケティングは顧客のニーズをリサーチする際に役立ちますし、営業は集客に役立つので学んでいたほうがいいでしょう。
流れやしくみを理解するためにも営業に関する勉強を深めたほうがよいでしょう。